深月ちぐさ

深月ちぐさ

嫁の母と禁断性交 其の四拾六 妻よりもお義母さんの方がいいよ… 深月ちぐさ

半年前に娘が結婚し娘夫婦と同居することになったちぐさ。ある時、ちぐさは娘夫婦のセックスを目撃してしまった。夫を亡くしてからずっとご無沙汰だったちぐさは、興奮して自慰をしてしまった。その日からちぐさは、娘夫婦のセックスを覗きに行き、台所でも風呂場でも自慰をするようになった。ある日、娘婿が台所にいる時にちぐさがやってきた。ちぐさの巻いているタオルが落ちて全裸になってしまう。娘婿は興奮しちぐさに覆いかぶさる。「風呂場でオナニーしてたの聞こえてますよ」
深月ちぐさ

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 深月ちぐさ

久しぶりに妻の実家へと帰省した僕たち夫婦。義父母は快く迎え入れてくれた。 団欒中、義父がそろそろ孫が見たいと言い始めると、妻は急に不機嫌になり席を立ってしまった。困惑する義父母へ妻が夜の生活を拒否している事、誘ってもダメな事を伝えた。義父母の落胆ぶりに申し訳ない気持ちになってしまった。 深夜トイレへと起きた僕は義父母の寝室前で漏れる明かりに立ち止まった。そっと覗くと義父母が営んでいる最中。見てはいけないと思いながらも、性に飢えている僕は目が離せなかった。 僕は勃起が収まらず、隠れてオナニーしていると、義母がやってきた。慌てて隠す僕に、待ってと言い、娘がしていないから溜まってしまうでしょ?私でよければと言い、僕の息子を扱き始めた。久しぶりに触られた事もありすぐに昂ぶるが、義母の手淫口淫は発射を許さないかのようにねっとりと巧みで、僕が爆発寸前最高潮に高まった瞬間、口で受け止めてくれた...。 次の日、義父と妻は近所の居酒屋へと出かけていった。昨晩の事もあり義母も気まずいのだろう…。そして、すっかり夜も更けていったが義父達は戻ってこない。僕は意を決し義母の寝室へと向かった。寝息を立てる義母の布団をそっとめくり、愛撫してゆく。やがてくちゅくちゅと音を立て始めた義母の恥部。はっと目を覚まし驚く義母。僕は我慢が出来なくなり、半ば襲うように義母へと挿入した…。 本当はイケナイ事…そんな事は僕も義母もわかっている…それでも抑えられない衝動…。 「私達って…本当にバカね…」義母は優しく微笑んだ…。