広瀬ゆり

広瀬ゆり

愛を認めさせたくて妻と絶倫の後輩を2人きりにして3時間…抜かずの追撃中出し計16発で妻を奪われた僕のNTR話 広瀬ゆり

妻のゆりとは結婚して数年、会社でも順風満帆な生活を送っている。ある日、風俗遊びばかりにうつつを抜かして会社でサボっていた部下の佐治を説教していると、つい感情的にヒートアップしてしまい、腹が立った俺は疑似夫婦体験をさせてやろうと佐治を家に招いたのだった。貞淑なゆりが佐治をもてなして、夫婦というものの良さを存分に味わってもらおうと思ったのだが、その日から二人との関係が妙によそよそしくなって…。
広瀬ゆり

「絶対に、3cmだけですからね…」 性欲を持て余す絶倫義父に少しの間、挿入を許したらまさかの相性抜群…何度も絶頂を繰り返した私。 広瀬ゆり

ある日、夫と二人で暮らす我が家に義父が突然やってきました。事情を聞くと義母と喧嘩をして実家を飛び出して来たそうで、1週間だけならと泊まる事を渋々許可しました。その間は夜の営みもお預けで、悶々とした気持ちで洗濯物を回収する為、義父の部屋に向かうと張り裂けそうな股間を目撃して…気づいた時には見惚れていて、自慰に耽っていました。しかし、その様子は撮影されており、口で、擦るだけ、3cmだけと義父は私の身体を蝕んでいき…。